Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Webサイト不正改ざん検知サービス

脆弱性診断でWebサイトの脆弱な個所が見つからなかったとしても、すべてを防げているわけではありません。

未知の脆弱性は常に発見されています。

本サービスでは、万が一、未知の脆弱性を突かれてWebサイトの変更が加えられたり、管理者以外がWebサイトを不正に更新した場合でもすぐに検知し、お知らせします。

Web改ざんの手口は、年々巧妙化されてきております

悪意のある攻撃者がWebサイトに改ざんを加えることでマルウェアをばら撒いたりユーザ情報を搾取したりなど、あらゆる方法で情報入手をしようとする不正行為です。

実は、このWeb改ざんの手口は、年々巧妙化されてきております。

特定の企業から金銭や重要情報等の不正な取得を目的とする、「標的型攻撃」が一般的ですが、近年急速に被害が増加している標的型攻撃として「水飲み場攻撃」というものがあります。
Webサイト改ざんによってアクセスしたユーザへマルウェアを感染させる標的型攻撃であり『自社が情報漏洩事件の加害者になる可能性がある』ということです。

管理者が気付かない間にWebサイトが改ざんされ、マルウェアをばらまく加害者になってしまうこともあるのです。

自社メディアから「水飲み場攻撃」の被害に遭ったユーザーが一人でもいれば、企業自体の信用問題にもなりかねません。

被害者にも加害者にもなり兼ねない、Web改ざんの脅威において取るべきセキュリティ対策の一つとして「Web改ざん検知サービス」の導入をお奨めします。