セルフSEOで制作された戦略的ホームページは会社の資産

GoogleやYahooで検索する時には、まず検索窓に文字を入力する。その入力される文字のことをSEOキーワードと言います。

セルフSEOの検索エンジン対策 基本5大要素

この5大要素は、セルフSEOで戦略的にホームページを制作する基本となります。
NICEPRESS(ナイスプレス)が提唱しているセルフSEOは、ページ数(インデックス数)を増やし、検索窓口を広げることにあります。セルフSEOを理解し、基本通りにホームページを制作しながら、インデックス数(ページ数)を増やすことで、購買意欲の強い見込み客が検索で使用するマニアックな複合キーワードに引っかかりやすくなります。
インデックス数(ページ数)が増えれば、増えるほど、
マニアックな複合キーワードが増え、検索窓口が広がり、検索に強くなります。
検索窓口を広げることでマニアックな複合キーワードに引っかかりやすくなります。
SEOキーワード

お問合せバナー

title1
自分が書いた記事も「見た目(タイトル)ではなく中身(内容)で勝負」と考えている人は多いと思います。
もちろんそれは正しいことなのですが、肝心の中身(内容)を知ってもらうためには、まずは読者に記事を「クリック」してもらう必要があります。特に興味を惹かれないタイトルの記事を、わざわざクリックする人なんていませんよね。
 
「読んでもらえさえすれば必ず」というのは、残念ながらWEBメディアではあまり通用しない考え方です。
(人も「見た目が9割」と言われますが、WEBメディアはそれ以上かもしれません。)

 
本文やディスクリプションで使われているキーワードを入れて、この記事を読めば、【あなたの悩みや課題を解決できますよ】と検索者に伝えてください。
また、タイトルに地域名を入れることにより、ターゲットが絞られ、競合の少ないスペースで検索上位が狙えますので必ず地域名を入れターゲットを絞ってください。
タイトルは、そのページの名前になるのでGoogleも非常に重要視しています。ここにSEOキーワードが入っていない場合は、上位表示はほぼ不可能です。必ずSEOキーワードを入れてください。

 
タイトルには必ずSEOキワードを含めてください!
 
※ 赤線の部分がNICEPRESS(ナイスプレス)のトップページタイトルです。好みもありますがブラウザは、Firefoxへ切り替えてください。Firefoxだと、タイトルもカーソルを合わせれば、すぐ見れ非常に便利です。
すぐわかるディスクリプション
ディスクリプションは「コンテンツページの紹介文」を記述する部分で、コンテンツページ内容と関係のないことを記述しては駄目です。
 
検索した人が「見てみたい!」と感じるような魅力的なライティングをするのが良いです。
 
せっかく検索エンジンで上位表示されていても、魅力的なタイトルやディスクリプションではない場合は訪問されないこともあります。訪問されないならホームページの意味がありません。
 
本屋さんで本を探す時、かならず本の「タイトル」や「裏表紙・帯」を見て「これ買おうかな」判断しますよね?
 
※セルフSEO的な考えからすると100文字程度です。長すぎると目標SEOキーワードの%が薄まるからです。100文字程度の中に2~3回、上位表示させたいSEOキーワードを入れるてください。

SEOキーワード 検索結果
 
GoogleやYahooで検索する時には、まず検索窓に文字を入力する。その入力される文字のことをSEOキーワードと言います。
 
SEOキーワードはホームページの集客を成功させる上で必要不可欠です。
 SEOキーワードを深く知ることは、WEBユーザーが何を求めているのかを具体的に知ることがだからです。
 
SEOキーワード率を上げると言うことは、SEOキーワードに特化したページを作ると言うことです。検索エンジにこのページは、何々のページであると言うことを教えるために、キーワード出現頻度を最適化し、SEOキワードに特化したページを作ることが大切です。テキスト量とSEOキワード数の割合を適切にし、ページの中でSEOキーワードが上位にくるように調整します。
 
☆ NICEPRESS(ナイスプレス)では出現率 5% ~ 8%を目安にしています。
 
※キーワード出現率の調整の時にはキーワードの詰め込みすぎに注意しください。この行為はキーワードの乱用のガイドライン違反にあたり、Googleペナルティを受ける可能性があります。
良質な被リンクについて
被リンクとは、自社のホームページに対して、外部のホームページ(ウェブサイト内・外含む)からリンクが張られている状態を意味します。

Googleはコンテンツそのものの質を判断するアルゴリズムを持っていて、パンダアップデートは有名なアルゴリズムのひとつです。
コンテンツそのものの質を判断する一方で、信頼度を測るアルゴリズムも持ち、ページランクアルゴリズムは有名なアルゴリズムで、リンクの質や数によってページごとに評価を付けています。
リンク評価の要素としては、リンク元ホームページ自体の評価、リンク元のコンテンツの質、リンク元ページのトピックの関連性、リンクのアンカーテキスト、リンク先ページのトピックの関連性などが挙げられます。
 
※その他にページランクを操作し、質の低い被リンクを大量に設置するようなガイドライン違反を検知するペンギンアルゴリズムも有名です。このアルゴリズムによって、質の低い被リンクを大量につけるような外部施策は既に通用しなくなっています。

ページ数(インデックス数)
ページ数(インデックス数)とは、Googleなどの検索エンジンのクローラーがサイトにアクセスし、検索結果に表示するためにインデックスされたページ数です。
Googleの検索ロボットがウェブサイトをクロールし、キャッシュし、インデックス処理を行わない限り、検索結果に表示されることはありません。
 
ホームページのページ数(インデックス数)とGoogle検索順位には強い関係性があり、ページ数(インデックス数)が多いホームページは、分厚い参考書のようなものです。数十ページしかないホームページとと数千ページもあるホームページでは、検索エンジンの評価も大きく変わります。

 
※検索ボックスに「site:ドメイン」と検索すれば、すべてではありませんが、Google(Yahoo!JAPAN)が認識しているドメイン内のページ数を確認することができます。もし、確認した数が実際のページ数よりも大幅に少ない場合は、インデックス申請を行うか、サイトマップ登録をお奨めします。