マーケティングオートメーション

「マーケティングオートメーション(Marketing Automation)」とは、企業のマーケティング活動において、旧来は人手で繰り返し実施していた定型的な業務や、人手では膨大なコストと時間がかかってしまう複雑な処理や大量の作業を自動化し、効率を高める仕組みのことです。

従来、法人向けビジネス(BtoBビジネス)は、新規顧客の開拓にしろ、既存顧客への販売にしろ、営業組織中心で推進されることが大半でした。しかし、近年、BtoB分野においても、デジタルマーケティングの手法を取り入れることで、商談発掘のプロセスをシステム化し、コスト削減と売上アップの両方を狙うケースが増えています。

この商談発掘プロセスのシステム化において、中核的な役割を担うのがマーケティングオートメーションです。「マーケティングオートメーションシステム」と呼んだり、英語の「Marketing Automation」を略して「MA(エム・エー)」と呼んだりすることもあります。

見込み客データベースの管理強化

見込み客データベースの管理の強化です。

これまで、BtoB企業では、商談情報を管理してはいたものの、見込み客のリストを整備し、それを管理・分析することまではできていませんでした。
名刺情報は、営業担当者の机の引き出しに眠ったままになっており、デジタル化したとしても、組織として共有し、商談掘り起こしに活用することが未着手でした。

最近の注目されているのが名刺のデジタル管理です。

弊社では、
「名刺を資産に変える」をコンセプトにサービスをご提供しております。

これを裏返せば、多くの企業ではいままで名刺を管理してなかったので、機会ロスが発生していたと言えるのではないでしょうか。

マーケティングオートメーションの得意技として、この見込み客データベースの管理というのが挙げられます。
名刺管理ソフトは、名刺情報をデータベース化して、いつでも探せる、参照できるというのが特徴ですが、マーケティングオートメーションは、顧客情報の収集(業種、役職、ニーズの有無)などを収集できます。

また、顧客別のウェブ行動などを分析し、リストの優先順位付けも可能です。

名刺管理のプロセスを一段先に進めて、「今すぐ客」を見つけ、それを売り上げに直結させる事ができるのです。
Marketing Automation

マーケティングオートメーションの機能の概要

マーケティングオートメーションは、リード(顧客管理)、メール配信、Web解析(トラッキング)が代表的なコア機能です。
これに加えて、スコアリング、シナリオ(自動化)、フォーム、ホットリード検出、などの機能を利用できます。

NICEPRESSのマーケティングオートメーションは、これらの機能をWebサイトに実装されています。そのため、ある特定顧客のWeb訪問履歴を追従して、あるタイミングで自動的に特定のメールを送信するなど、自動化することで、マーケティング業務の効率化が可能になります。

マーケティングオートメーションを導入した効果

マーケティングオートメーションの導入によって、マーケティング業務のワークフローが効率化できるだけでなく、売上アップや営業案件成約率の改善につながる企業が増えています。

☑ 新規営業活動で成約率が大幅に改善
☑ 新規の営業案件数が増えた
☑ 新規事業の売上や顧客獲得数が大幅アップ
☑ メルマガの反応率が劇的に改善
☑ ワークフローの自動化(シナリオ)により業務ミスが減った
☑ マーケティング関連ツールの費用の最適化(削減)

マーケティングオートメーションを導入してもなかなか効果が出ない企業に比べて、マーケティングオートメーションの導入がうまくいっている企業では、すごくシンプルにマーケティングオートメーションを利用する傾向にあります。