Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

モバイルでアクセス数UP

スマホ対応必須! モバイルフレンドリー

Googleがモバイルフレンドリーを発表してから、今はスマホ対応は必須になりました。

2015年4月21日、世界で一斉にgoogle検索のアルゴリズムに「スマホ対応」が含まれました。スマホ対応にする事をモバイルフレンドリーと言います。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらしました。
 
とにかく片手で操作ができるホームページにしましょう。
たまに若干左右にスクロールできるサイトがありますが、スムーズにスクロールできないサイトは、非常にストレスがたまります。

「なんかこのサイトみにくいなぁ・・・」

って思われたら、もっと見やすいサイトに読者さんは行ってしまいますよ。
 
例えば、英語の名前の商品やサービスなど検索する場合スマートフォンユーザーはカタカナで検索することが多い傾向にあるようです。
わかりやすくいうと 「Google」よりも「グーグル」、「apple」よりも「アップル」というような感じです。
これはスマートフォン特有の「フリック入力」という入力方 法によるものだと考えられます。「フリック入力」とは日本語のカナ入力に最適化された入力方法で、カナ入力は素早く正確にできますが、アルファベットはや や入力しにくいという特徴があります。最近の検索エンジンはカタカナでもアルファベットでも、検索結果に違いはほとんどないため、より手軽なカタカナ検索 が増えます。
 
ブログにも記しましたが、スマートフォンユーザーは、いま必要なもの、いま行きたい場所、いま知りたいことなど、即時性の高いキーワードを検索する割合が高い傾向にあります。
PC ユーザーはどちらかというと、自宅や会社のPCで、目的とする情報の下調べや比較検討のため、じっくりと検索することが多いと考えられます。
 
世代別では20代と30代が多いようですが、「眠い」「寒い」「ヤバイ」「疲れた」などの感情剥き出しの検索が増えているようです。
これらは3で言ってい た即時性のケースにもあてはまりますし、たいてい2語以上で検索されます。

例えば「ねむい ドリンク」などです。

これが一昔前なら短 くても「眠気に効く ドリンク」などで検索していましたが、今は検索エンジンの進歩により、実は一見意味を成さないようなこの単語だけで検索ができてしま います。
小さい頃からネットで検索するという行為に慣れ親しんでいる若者は、それがわかっているので、できるだけシンプルな言葉で検索する機会が増えてい るのでしょう。そしてそのシンプルの究極形が感情による検索というわけです。
 
SEOはもちろんWEBマーケティングの方法もターゲットをPCユーザーに絞るか、スマホユーザーに絞るかで変わってきます。
スマホとPCの両方を使っているとしたらわかると思いますが、スマホを使っている時はスマホ脳になっていますし、PCを使っている時はPC脳に なっているはずです。
もはやPCユーザーとスマホユーザーの思考回路は別物と考えるほうが正しいです。

  
  
ブログ一覧へ