難しい・成功・失敗

難しいセルフSEO

ホームページを検索結果に露出させる
検索は質問であり、ユーザーが検索結果に求めているのは、その質問に対する答えです。
検索結果に求められているものは、検索者に不足した知識を補い、抱える問題や課題を解決に導く解決策が示されたホームページです。

そうしたホームページを提示する限り、セルフSEOは簡単です。

ユーザーが答えを求めているのと同様に、検索エンジンもまた検索者が求める答えを検索結果に掲出しようとします。
サイト運営者もまた、素直にその流れに乗って、検索者の質問に答えるホームページを作ればよいというだけのことです。
一方、ユーザーや検索エンジンの意図に反するものを露出させようとすれば、
セルフSEOは難しくなります。
 
 

成功するセルフSEO

ユーザーの目線に立って検索の意図を考え、ユーザーにとって適切なコンテンツを提供し、それを検索結果に露出させる。
1125_01
  
 

失敗するセルフSEO

自社の都合でユーザーの意図を歪曲して理解し、自社にとって都合のいいホームページを検索結果に露出させる。

 

難しい・成功・失敗

セルフSEOが成功するか失敗するかを分けるポイントは、ユーザーが検索するその目的について、自社の都合で考えるか、ユーザーの立場で考えるか、ということにかかっています。ユーザーとの関係構築をどう考えるかによって結果が左右される、と言い換えることが言えます。