Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

USP(Unique Selling Proposition)

U・・・・・・ユニーク→独自→特徴
S・・・・・・セリング→売り→強み
P・・・・・・プロポジション→提案→メリット

最初に注意してほしいのは、USPとは「他社にない強み」ではない点です。非常に誤解しやすいポイントなので、よく例に使われるドミノピザで、説明します。

事例)ドミノピザ
「焼きたての熱いピザを、玄関まで30分以内に。それ以上待ったら、無料で構いません!」

特徴・・・・「間に合わなければ代金は頂きません」
強み・・・・「玄関まで30分以内にお届けします」
メリット・・「焼きたての熱いピザ」


このUSPが顧客から支持されたのは、30分以内という明確な条件と、ダメなら無料という決意表明です。

時間を守る点に強みを見出し、それを力強く打ち出したことで、顧客の心を掴んでいます。強みを強調したメッセージですから、「USP=強みを作る」と考えるのは、決して間違いではありません。ただ日本語の「強み」は意味が広く、とても誤解しやすいので注意です。

誤解しやすいのは、「強み=他社に出来ない独自のポイント」と間違える点です。30分以内に届けることが、競合他社に出来なかったかと言えば、決してそうではありません。

宅配ピザであれば「すぐにお届けします!」と必ず宣伝します。これは当時も同じです。物理的に出来ないことではないのです。ただ30分という時間で具体性を出し、無料という決意表明をしたことで、独自の強みに高めているのです。

propositionとは、契約時の提案や条件という意味になります。
他社が物理的に出来ることでも、強い約束をすることで、競合優位を築くことができる。ここに、USPの本質があるわけです。
  
アナリティクス