回遊性を高めるには

回遊性を高め、ページ/セッションを増やすには!

何はともあれ、お客様の興味を引く魅力的なコンテンツをたくさん制作することです。どんなに興味深いページであっても1ページしかなければ大した話にはなりません。

当然、お客様が行き来しやすい構造になっていることも大切です。
バナーがバナーとわかりずらかったり、リンクが目立ってなかったり、一見して次のコンテンツがあることに気がつかないと、そこでお客様は離脱してしまいます。

内容は良いのに、ページ/セッションがなかなか伸びない場合は、次のコンテンツへの誘導についてしっかりと確認してください。

もちろん、ページ/セッションの数字が高くても安心してはいけません。
ページの作りが悪くて、道に迷ってしまったお客様が行き来しているだけの可能性もありますから。
人は欲求を満たすため検索し続けようとします。これは欲求を刺激するドーパミンの仕業です。
何かに興味があり「探したい」と思ったとき、脳からは好奇心を操るドーパミンが分泌されます。

次の瞬間、Googleを開いて検索を始めるのです。

探し当てた記事を読み、他にも関連する面白そうな記事があれば回遊します。

重要なことは、関連する記事が見つけやすいか?です。

情報を見つけやすくすればするほど、ユーザーは情報探索にのめり込み、サイト内を回遊します。

※ ページ最下部にナビゲーションを配置する手法は一般的です。これは、最後まで読んでくれたユーザーに「ほかのページもありますよ」と閲覧を促す手法です。