Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

心を鷲掴みにするライティング

記事を書く前に「誰に」向けた記事にするのかを考える必要があり、ターゲット(ペルソナ)を設定しておくと、具体的にどんな人に読んでほしいのかをイメージしやすくなるため記事を書きやすいです。

例えば、ホームページ紹介の記事を書く場合などは、どのような話題を選定したらよいのか、どのような書き方をしたら良いのかなどは、ターゲットによって変わってきます。

30代の経営者をターゲットとするのであれば、社員教育や組織づくりを紹介すると読まれやすくなります。

70代の経営者をターゲットにするなら、線も冥護はなるべく使用せずにわかりやすい平易な文体で、必要となる基本的な話題を紹介する方が読まれやすくなります。

このように、あらかじめターゲットを設定しておけば自ずとどのような内容にしなければならないのかが見えるため、完成度が上がりやすくなります。

また、タイトル付けをすることを考えるとターゲットを設定する必要性が分かりやすくなります。
「◯◯初心者にオススメ!」「◯◯担当者にオススメ!」など明確に記載されていると、あらかじめ設定したターゲットに該当する人はに自分に向けた記事であると認識できモチベーションを上げることができます。
 
タイトルは、記事の「命」とも言える最重要要素で、記事の内容がどれほどよいものでも、タイトルが目をひくものでなければユーザーに見てもらいにくくなります。

例えば、以下の2つのタイトルをみてください。
・SEOを学べるホームページサービス
・ゼロから自力でSEOを学びたい方にオススメ!オンラインで学べるサービス5選


このふたつを比べた時に、どちらの記事を読みたくなるでしょうか?

おそらく多くの方が、下のタイトルの方が読みたくなるでしょう。
それは「初めてSEOを学ぶ人でも自力で学べるサービス」 が「5個」挙げられている、ということを、ひと目で理解することができるからです。
上のタイトルの場合は、SEOを学べるサービスに関する記事であることは分かるものの、ひとつのある特定のサービスについて紹介しているのか、いくつか列挙されているのか、どんなサービスなのか、など、記事の内容をひとめで理解しにくいなっています。

これでは、読みたい、という気持ちを喚起することは難しいです。

タイトルには、先にご紹介した「読んでほしいターゲット」や、具体的な数字などを盛り込むことをオススメします。
そうすることで「損失回避の法則」という行動心理学を活用したタイトル付けが可能になります。

読み手が「閲覧しなくては損をする」という気持ちになるようなタイトルをつけるように心がけましょう。
  
記事を出すタイミングは、話題性と大きく紐付いています。
例えば、新しいソーシャルメディアが発表された直後にそのソーシャルメディアの使用方法に関する記事を出すのと、発表から1年後に出すのとではその効果は大きく変わります。
やはり直後に出したほうが、参考記事としてより多くの人から読んでもらえますし、TwitterやFacebookといった既存のソーシャルメディアでの情報拡散を狙うことも可能です。

話題になり始めた直後、というのは、記事のビュー数が大きく伸びやすいタイミングで、世の中の動きに敏感になり、少しでも早いタイミングで記事を出すことが重要です。
  

        
アナリティクス