Webライティングとは?

Webライティングと言っても、その受け止め方は人それぞれです

ホームページの企画や構成、と言った広い範囲でとらえるWeb担当者もいれば、「て・に・を・は」の使い方などの正しい文章の書き方、キャッチ―なコピーライティングをイメージするWeb担当者もいると思います。

あるいは、検索エンジン対策のライティングと定義する担当者もいると思います。

すべてが大切で、どれが欠けても効果的なサイトを作ることはできません。
「読者の心に残るライティングのこと」だとか「売り上げがUPが数字に表れる文章だ」といった意見もあります。

兎にも角にも経営者次第・Web担当者次第ってことではないでしょうか?
 
① 訪れたユーザーに親切であること

② 検索エンジンに評価されること

③ コンテンツメイクを疎かにしないこと
 
タイトルがあり、次に、大見出し、中見出し、小見出しが配置され、それぞれに文章が付くという構造です。

下記の構造にすることで

タイトル : 何が書かれたページかが瞬時にわかる

大見出し
見て大まかな内容がわかる

中・小見出し
見て詳しい内容がわかる

本文
詳細を理解する

ユーザーの情報理解を手助けする流れが可能になります。

ホームページの文章は「読むためのものではなく、チェックするためのもの」とも言われます。
すべてを読みたい人にも、大まかな理解だけで十分な人にも、また必要な情報だけが欲しい人にも親切なのが、この構造です。
 
ホームページでは、短時間で必要な情報を提供することが重要です。

Webライティングでは、長文を避けること、箇条書きを効果的に使うことなどが大事です。

気の利いた言い回しも時には必要ですが、具体的に知りたいことがすぐわかる文章が望まれます。

ライティング自体からは離れてしまいますが、文字をアイキャッチ的に処理(写真やイラストと同じような存在感を持つようにデザイン)することや、見やすいレイアウトを工夫して、読むわずらわしさをできるだけ解消することも重要です。
light002