ホームページの内部対策

Googleアルゴリズムより評価の高い内部要因は5つです。

ページ内の外部・内部へのリンク数を調整し、テキスト量とリンク数の割合を適切にしながら、内部を最適化します。
テキストよりもリンクの割合が多すぎると、低品質なコンテンツに見られる可能性があります。
 
「被リンク=一方的に貼られている状態」 「発リンク=あなたが貼っている状態」
内部リンクを最適化し、テキスト、メニュー、画像等に内部リンクを適切に入れながら、わかりやすく、使いやすいホームページを創ってください。

内部リンクの文言は、直接的なアンカーテキストは避け、リンク先のページがわかるようなSEOワードを含むアンカーテキストが効果的です。
被リンクにも同様のことが言えます。(アンカーテキスト(anchor text)とは、簡単に言えばリンクされている部分のテキストのことです)
また、順位を上げたいページに適切に内部リンクを集めながら、サイトを最適化することがポイントです。

ファイルサイズを最適化し、HTMLソース、ファイル名、サイト構造など簡潔にしながら、サイトを運営してください。
ファイルサイズが増えすぎると、ページ表示速度が遅れによる検索ロボットやユーザーへ悪影響が生じ、サイトのパフォーマンスが低下します。
単語数を最適化するには、テキスト量を増やすことが大切です。
テキスト・画像を使いながら、読みやすくわかりやすい文章にし、ホームページの質を向上させましょう。

テキスト量は500文字以上(出来れば2000文字)記載することで、コンテンツページとして、レイアウトが出来ると思います。

テキスト量の増やし方は、SEOワードを決め、次にタイトル、文章を書くと良いです。

検索エンジンに自分のサイトがどのようなテーマとして認識されているのかを知ることはとても重要です。厳密に知ることは出来ませんが、サイト内に含まれているキーワード傾向を見ることによって、おおまかな傾向を把握することは可能です。

キーワード出現頻度 を最適化し、SEOワードに特化したページを作ることが大切です。タイトルには必ずSEOワードを含めましょう。
テキスト量とSEOワード数の割合を適切にし、ページの中でSEOワードが上位にくるように調整します。
アナリティクス