検索窓に入力する言葉、それが「キーワード」です。
キーワードがなければユーザーは、ホームページに辿り着くことはできません。
社名や屋号を検索窓に入力してくる方ばかりであれば問題はないのですが、大手企業でない限り、社名や屋号を入れてくれません。
キーワードとは、ユーザーのニーズや欲求です。

「 トイレが水漏れ!」「止めなきゃ!」と思えば、「トイレ 水漏れ」といったキーワードの組み合わせで検索しませんか?
キーワードという短いフレーズの中には、ユーザーの欲求が凝縮されているのです。
陽幸社検索結果

「こんなホームページがありましたよ」と数えきれないくらい表示してくれます。
☑ ビックキーワード(メインキーワード)
☑ ミドルキーワード(サブキーワード)
☑ スモールキーワード(スペアキーワード)

ホームページ集客において、キーワードは素晴らしく奥が深い、深いばかりでない。

Analysis(分析)→Assumption(想定)→Do(実行)→Check(評価)です。
何故なら、マネジメントしない◎◎◎は、地に落ちるからです。

何回かに分けてキーワードをやりますので、必ず読んでください。

アナリティクス