キーワード④

ロングテールSEOの定義

ロングテールSEOとは、ビッグキーワードを上位表示させてアクセスを集めるのではなく、多数のスモールキーワードによる検索流入を目指したSEOになります。
ビッグキーワードの比較して、この多数のスモールキーワードのことをロングテールキーワードと言います。

ロングテールSEOのためには文字数が多いのが有効

商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。これはマーケティングにおいて有名な法則ですが、ロングテールの法則はパレートの法則を覆す全く逆の法則なのです。

検索ボリュームの要素として、ビッグキーワードは2割のみで、残りの8割は多数のスモールキーワードから成り立つロングテールキーワードから成っているのです。

極論、ビッグキーワードでまったく上位表示できなくても、うまくロングテールキーワードが拾えればかなりのアクセスを集めることができるのです。
効果的な方法は、記事の文字数を増やすことです。
正確にいうと、記事内容に関連するキーワードの組み合わせの数を増やすのです。

検索エンジンにかけたキーワードは記事本文に書かれているキーワードも検索しますので、
キーワードの組み合わせの数を増やせば増やすほどロングテールキーワードを拾えることになるのです。
SEOを考える場合、記事の文字数は多ければ多いほどいいです。
100
文字の記事よりも200文字の記事の方がいいですし、200文字の記事よりも300文字の記事の方がいいです。

それは現在、コンテンツSEOの時代と言われていて、「ユーザーにとって有益なコンテンツかどうか」がSEOでとても重要視されています。
つまり、ユーザーにとって役立つ記事であればあるほど検索結果で上位表示されやすくなるのです。

Googleがどのようにして「ユーザーにとって有益かどうか」を機械的に見極めているのかと言うと、記事の情報量が多いかどうかが重要視されているはずです。
「情報量」という抽象的な要素ではアルゴリズムを使って検索順位を操作することは極めて難しく、記事内容にマッチしているキーワードの組み合わせ数がとても重要視されていると思われます。

「文字数の多さ」で「情報量の多さ」を判断してしまうと、ただ中身のない文章で文字数を稼げば、上位表示できてしまうということになってしまいます。「文字数の多さ」ではなく「記事内容にマッチしているキーワードの組み合わせ数」で情報量を判別しているのです。

このようなキーワードの組み合わせ数が多ければ、多くの情報をユーザーに伝えていると判断できます。

500文字以上・写真3点で、コンテンツページを構成するです。


アナリティクス