Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キーワード③

ひとつひとつのスモールキーワードは検索ボリュームは少ないですが、スモールキーワードが数百と集まればビッグキーワード以上の検索ボリュームを持ったロングテールキーワードとなるのです。

Q.どうやってスモールキーワードを集める?
A.集めようと思っても集まりません!
それを可能にするために必要な考え方がビッグキーワードとスモールキーワードの関係を知り、正しく使う!

こんなタイトルがあったとします。

「陽幸社の社員が酒豪か下戸という都市伝説の真相は? よく居酒屋に来ているとも!」

この場合、

メインキーワード → 陽幸社
ビッグキーワード → 社員
スモールキーワード → 酒豪、下戸、居酒屋

ということになります。

まずはメインキーワードを左側にもってきます。これはより左側にあるキーワードがSEO上、重要視されるからです。
最終目標は「陽幸社」という単語を単独で上位表示することなので、一番左側にもってきます。
そして、次に重要なのがビッグキーワード。この場合は「社員」なのでメインキーワードの次にもってきます。
ここまでだと狙うキーワードは「陽幸社 社員」という二つの単語だけですが、これだけじゃ簡単に上位表示できません。

そこで、ポイントとなってくるのが、いかにスモールキーワードでアクセスを集めるのか?ということです。

「陽幸社 社員」で上位表示できなくアクセスを集めることができなくても、
「陽幸社 社員 酒豪」「陽幸社 社員 下戸」「陽幸社 社員 居酒屋」
なら集めることの可能性が高くなります。

まだまだ「キーワード」は続きます。次回は『成約に繋がるキーワードの探し方』を解説します。必ず読んでください。
 
アナリティクス