すぐわかるディスクリプション

ディスクリプション

すぐわかるディスクリプション
見てすぐわかると思いますが、赤枠内の文章のことです。
descriptionは、ユーザーが検索時にクリックを判断する重要な指標のひとつです。
ディスクリプションは、ページ内には表示されませんが、ページの内容を要約した文章で記述することで、検索結果にその文章が紹介文(スニペット)として表示されます。文字数を最大限使い、競合サイトと比較して魅力的なライティングにする事ことで訪問者を呼び込むことに繋がります。
検索されたキーワードがディスクリプション内にあれば、太字で表記されるため、視認率も上がりますので必須の対策項目と言えます。
答えは、検索結果に表示される「タイトル」と「紹介文」です。
ディスクリプションを作成する際には、検索されるキーワードで競合サイトと比較してより魅力的なライティングにすることでクリックされる可能性が高まります。タイトルも同様に検索結果画面に表示されますのでセットで考えます。
SEOには「順位アップによる集客」や、「検索結果の視認効果アップによる集客」など様々な方法があります。
お持ちのホームページがSEOチューニングできているかチェックしてください。

キーワード・タイトルを織り交ぜながら、100文字程度で、コンテンツページを魅力あるライティングで、説明する。

勿論、各コンテンツページに入れます。
例えば、1000ページなら、1000個のディスクリプションが、必要になります。

Googleスタートアップガイドではdescriptionの説明を適切にしてくれています。「Googleの検索エンジン最適化スタートガイド」はこちらのリンクを参照してください。

アナリティクス