ホームページの評価

ホームページの評価って人それぞれです

結果として、セッション数が多い・お問合せが多いなど、結果に満足できていれば、高い評価となります。また、SEOの手法でも変わって来ます。

変わってはいけないモノはユーザビリティとユーザーにとって有益な情報(USP・ベネフィット)だと思います。
 
「ユーザビリティ」を辞書で引くと「使用可能なこと・有用性」(引用:三省堂提供「デイリー 新語辞典」)とありますが、一般的には「使いやすさ」「使い勝手のよさ」と言われています。

「使いやすさ」「使い勝手のよさ」とは何でしょうか。周りにあるもので例えると、あなたの使っているマウスのクリックしやすさ、キーボードの打ちやすさ、ということになります。

ユーザビリティに関する規格である「ISO9241-11」では、ユーザビリティを「特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い。」と定義されています。
 
Webユーザビリティの専門家であるヤコブ・ニールセンは、Webでのユーザビリティについて「学習しやすさ:システムは、ユーザがそれをすぐ使い始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない」「効率性:一度学習すれば、あとは高い生産性を上げられるよう、効率的に使用できるものでなければならない」「記憶しやすさ:ユーザがしばらく使わなくても、また使うときにすぐ使るよう覚えやすくしなければならない」「エラー:エラーの発生率を低くし、エラーが起こっても回復できるようにし、かつ致命的なエラーは起こってはならない」「主観的満足度:ユーザが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しく利用できなければならない」の5つ構成要素で定義しています。
  
ユーザビリティとは、ただ「使いやすさ」「使い勝手のよさ」と言う意味ではなく、「ユーザが目標を達成するための使いやすさ」「ユーザが目標を達成するための使い勝手のよさ」であり、Webでのユーザビリティとは、システム、Webサイト、もしくはそのパーツが「ユーザにとってわかりやすく、スムーズに目標達成でき、満足できるものかどうか」と定義づけることができます。
  
ISO規格・ISO 9241-11は、ユーザビリティの定義を行い、ユーザーの行動と満足度の尺度によって、ユーザビリティを規定又は評価する場合に、考慮しなければならない情報を、どの様にして認識するかを説明している国際規格です。ISO 9241-11は、JIS Z 8521としてJIS規格となっています。
  

結論として

☑ コンテンツ情報が整理されひと目で認識できる
☑ 色や文字を含めたデザインが見やすい
☑ 導線が分かりやすい
☑ 画面表示が早い
☑ 圧倒的なベネフィットがある

色々と書きましたが、シンプルに情報が整理され、サイドバーやバナーによって導線がはっきりして、反射の少ない色で文字が大きく、表示が早く、ワクワクすることが書いてある。

   
アナリティクス