1月27日 Webマーケティングの視点 「問い合わせ」を頂くために最適なホームページを!

ICT

本日は飯田橋にある東証2部上場のITCの会社さんへSEO診断にお伺いしました。



こちらの会社さんは沢山のICT商材をお持ちで、

主要商材は商材ごとに別サイトとして運営されていました。



商材ごとにサイトを分けるのは、「整理」という観点では悪くありませんが、

SEOとしては、あまりお薦めではありません。



せっかく様々な詳しい内容が商品ごとにあるのですが、

商品単体で終わってしまうため、

サイトの回遊性も悪く、

商品同士のシナジー効果も期待できません。




これならコーポレートサイトに集中させ、

メニューで整理させれば回遊性もあり、シナジー効果も出せると思います。



今回のご担当者さまは弊社のセミナーを受講された方です。

もともとアパレル向け生産管理システムの営業をやってられたそうですが、

学生時代からご自分のホームページを作ったりして、

Web関連の仕事につきたかったそうです。



そこで会社の営業推進部に依願異動し、

はれてホームページに携わることができたそうです。



ご担当者さま曰く、会社でWebマーケティングに精通した人がおらず、

今回もなんとなく古いので、新しくしたいとのご希望程度だとのことです。



マーケティングの視点



そこで弊社のマーケティングの視点をお伝えしました。



ホームページを作品として考え、美しいデザインを考えているのなら、

それはそれで良いのですが、私たちは商業Webサイトの構築屋です。



カッコイイ~!とか、かわいい~!!は必要ありません。

あくまでお客様からの「問い合わせ」を頂くために最適なホームページを作成しています。




大概の会社はここの着地点が明確になっていない為、

何度も何度も作り変えて、なかなか終わりにたどり着けません。



「誰に向かって何を伝えたいのか?」



この目的を共有化して初めて、

お客様とのマーケティングの共同作業が始まります。



そんなマーケティング視点で2時間ほど様々なお話をさせて頂きました。

最後はお客様の会議にオブザーバーで参加のお話まで発展し、

本当にWeb屋冥利に尽きました!!


冥利に尽きる
 
 
 

ブログ一覧へ