1月26日 ツイッターマーケティング 地域はあまり考慮する必要はない

リラクゼーション


本日は港区浜松町にあるリラクゼーションサロンさんへ

ツイッターマーケティングのお話にお伺いしました。



昨年10月に店舗をオープンさせた新しいリラクゼーションサロンさんです。

国道沿いの雑居ビルの5階にあって、なかなか外からはわかりにくいお店でした。




なんでもビルのオーナーさんが頑固な方で看板を含め、

広告物を一切置かせて頂けないそうです。

私も昔出力センターをやっていたことがあるのでわかりますが、

ビルの上の階のお店、いわゆる「空中店舗」は認知度を上げるのが凄く大変で、

入り口に看板を置かせてもらえないのはかなりの不利になります。


空中店舗


現在はホームページと周辺のポスティングで集客を行っていますが、

なかなか苦戦しているそうです。



今回はツイッターを使って拡散させる提案をしました。

プレゼン後に印象をお聞きしたところ、内容は興味深いですが、

同業でラインやフェイスブックで集客しているところはあるが、

ツイッターは聞いたことがあまり無いので、実績を聞かせて欲しいとのことでした。

また、地域を絞れるかとの質問も頂きました。



まず実績ですが、嘘ついてもしょうがないので、

今月サービスインしたサービスなので、

実績はありません旨お話しました。



ただ、このノウハウはプロのアフィリエイターが使っている仕組みで、

アフィリエイト先は多種多様ですが、確実に集客できている仕組みです。



また地域の件も、属性に入れることは可能ですが、効果があるかは不明です。



ツイッターの特性からすると、地域は見る人が勝手に選別してきますので、

あまり考慮する必要はないかと思っています。



そんなことよりリラクゼーションに興味のありそうな、

健康オタクやスポーツマンなどに訴求する内容で

フォロワーを増やすほうが私は得策だと思います。


フォロワー
 
 

ブログ一覧へ