1月17日 反応が無かったフィットネスクラブの方がご来社!

フィットネスクラブ


本日は先月セミナーにみえられたフィットネスクラブの方がご来社頂きました!


先月行った弊社が提唱するセルフSEOのセミナーと、

フェイスブックを使って関係性を全面に出し、数々の飲食店や美容室を成功に導き、

全国引っ張りダコのソーシャルメディアマーケティングの菅野社長を

お招きしたコラボセミナーにもご参加頂いたフィットネスクラブを関東に7店舗展開する企業の

営業開発部の方がご来社頂きました。



こちらの方は1ヶ月に2回も弊社のセミナーにお越し頂いたので、

何か具体的な課題があると思っていましたが、セミナー後にアポを取ろうとしても、

特に反応がありませんでした。

基本的に押し売りはしない方針なので、反応が無いお客様への深追いはしていません。



なんの反応もなかったので、諦めかけていた矢先に1本の電話が!


電話


「検討しているので、詳しい話が聞きたい!

「社の会議に議題として上げたいので、できれば今日話しを聞きたい」とのことでした。




しかもフィットネスクラブの店舗しか無いので、弊社にご足労頂けるとのこと!

セミナーを受講されて1ヶ月ほど、特に反応が無かったお客様だったので、正直驚きました!



話を伺ってみると、各店舗の売上が減少しているため、

店舗に頼らない物販を中心とした外販部門を作るとのこと。



その新規事業を任されたとのことでした。フィットネスクラブ業界は細分化が進み、

機能に応じ小さなフィットネスクラブが点在するようになっているそうです。



そのため大型の総合クラブより、

近所で手軽に行ける小さなクラブに顧客流出が進んでいる状況だそうです。




そこで店舗に頼らない外販部門を作ることになり、闇雲に営業するのではなく、

Webを使って集客したいというお考えでした。



また、それを行うにあたり助成金も活用したいとのことで、

助成金の詳細説明も行いました。今回会議の議題に上げて頂けるそうで、

順調に行けば、次に上席の方の前でプレゼンを行う運びとなります。



時間はかかりますが、新規営業は焦らないことが重要だと改めて感じました。



焦らない
 
 
 

ブログ一覧へ