12月7日 NICEPRESSの必然性を感じて頂けるお客様は誰か?必然性が無いと競争力が無くなります!

必然性


本日は飯田橋にある制作会社さんにセルフSEOの件でお伺い致しました。



本日は午後一に三田で打ち合わせがあり、その打ち合わせ直後に、

制作会社の社長さまより「今日の午後であれば時間が取れる」とのご連絡を頂きました。



弊社では社内の誰かが名刺交換したお客様は、

原則クラウド型名刺管理ソフト「BizCompass」に登録しています。



なので私自身は初めてでも、外から「BizCompass」に接続すれば、

地図をはじめ情報を見る事ができます。




ところが本日、いつも持ち歩いているiPadminiを忘れてしまい、

地図を見る事ができず、一旦会社まで戻る羽目になってしまいました。

IT道具に頼っていると、こんな時は困りますね。



お手上げ


制作会社さんでは、クライアント様の新規ホームページを作るお話でしたが、

弊社の特徴であるセルフSEOのお話をさせて頂き、

現在の検索事情に伴い、なぜページを増やす事が良いのか?

なぜ、ブログタイプが良いのか?などご説明させて頂きました。




ここまでの流れはスムーズで、

制作費のイニシャルコストもご希望に添える金額でお出しできそうでした。




ところが、サーバー費+サポートのランニングコストがひっかかってしまい、

そこで難色を示されてしまいました。



今回は今までホームページを持っていなかったので、

とりあえず名刺がわりのホームページがご希望だそうで、

弊社が得意とする全社員でページを増やし、

1件でも多く問い合わせを獲得するセルフSEOは必要有りません。



このような場合だと、弊社のNICEPRESSの必然性が無くなり、

NICEPRESSだと競争力が無くなります。



たしかにサーバー費用だけでみれば、

月々数百円からレンタルサーバーはありますので、

「高い」イメージはありますが、

ご自分で作業する際のレクチャーや頻繁に発生するバージョンアップの検証など、

有人管理の部分をみれば、けして「高い」ものでは無いと思っています。



ただ今回のような、作ったら作りっぱなしで構わないホームページだと、

このランニング費用は不要に感じるのも理解できます。

私も逆の立場でしたら、そう思うでしょう。



こうして考えると、

自分たちの商品にメリットを感じて頂けるお客様をセグメントすることは

本当に大事ですね。



だからペルソナを詳細に作り、

そちらに合う商品作りやプロモーションが大切だということが、今回良くわかりました。



探している人

 
 
 
ブログ一覧へ