11月14日「不正改ざん監視サービス」は「守る」商材から、競合を知るという「攻め」の商材へ

情報セキュリティ

本日は学習塾さん向けにオンライン教育システムや

大学受験学習システム開発を行っているお客様のところへ

情報セキュリティ関連の商談にお伺いしました。



弊社と協業している株式会社イージスさんのセキュリティ商品で、

「不正改ざん監視サービス」というサービスがあります。



こちらはWebの管理者以外がWebサイトを不正に更新した場合、

早急に通知し、被害を最小限に抑えるためのサービスです。



基本的にセキュリティのためのサービスですが、

このサービスを自社サイトではなく、他社サイトの監視にも使う事ができます。


競合店舗


たとえば、競合他社が価格やキャンペーンなどを変更した際、

変更通知が即座に送られるようにセットすることができます。



この機能により、地域密着型のお店などは、

同エリア内の同業他社の動きを四六時中神経を尖らす必用がなくなり、

その時間は他の営業活動に当てることができるようになります。



セキュリティという「守る」商材から、競合を知るという「攻め」の商材へ

変化させられる、両刀遣いの頼もしい商材です!


「守る」商材から「攻め」の商材へ


ブログ一覧へ