11月11日 イージスの磯川さんにご登壇頂き、情報セキュリティの最新情報を赤裸々にお話頂きました!

イージス様情報セキュリティセミナー


本日はイージス株式会社の磯川さんにご登壇頂き、

情報セキュリティセミナーを西新宿のBIZ新宿で行いました。



イージスさんは元トレンドマイクロのホワイトハッカーだった平社長が、

同じくトレンドマイクロの上級技術員だった磯川さんと興した

情報セキュリティ専門のコンサル会社です。




そんな磯川さんから「近年の脅威動向」というテーマで、

本日、情報セキュリティの最新情報を赤裸々にお話頂きました。



セキュリティと言って、まず思い浮かべるのは「ウイルス」ですが、

毎日世界で新種がどれくらい発生しているかご存知ですか?



驚く事に1日に数万から数十万も発生しているそうです。

なんでもウイルスを2クリックから3クリックくらいで

簡単に作れるツールが闇市場で売られているそうです。




また「ランサムウェア」タイプのウイルスの被害が法人に拡大していて、

これは勝手にPCに入り込み、PC上のデータを暗号化し、

暗号キーを買い取らせる「身代金要求型」の新手ウイルスです。




磯川さんのお客様も実際に被害に合い、

暗号キーの解除を様々な方法で試しましたが、

結局解除できず、データを諦めたそうです。


情報セキュリティ


このように私たちの知らない所でコンピュータウイルスの脅威は増しており、

企業としては今まで以上の対策が必要になっているようです。



更に最近は中小企業が狙い撃ちされているとのことです。


ハッカーは中小企業自体に興味があるわけではなく、

ステークホルダーの中に必ず大企業が1社くらい紐付いているので、

そこを狙うための「踏み台」として狙い撃ちしているそうです。


そう考えると、これからはセキュリティコストを経営コストとして予算化し、

自分たちが知らない間に加害者にならぬよう、

しっかり対策を講じていかなければならないと実感させられたセミナーでした!


踏み台
ブログ一覧へ