マーケティングで最も大事なこととは?

マーケティングで大事なことは何でしょうか?

30歳くらいにゼロックスのPOD営業管理者研修に参加させて頂きました。

その研修の中で、マーケティングの先生から、
「マーケティングで大事なことは何でしょうか?」
という質問を投げかけられました。

受講者からは「3C」だとか「仕組みに落とし込む」だとか、
様々な答えが返ってきました。

先生は「それも間違いではありませんが、、、」と、
皆さんは何だと思いますか?


マーケティングで絶対に欠かしてはならない大事なこと?


もっと言うとマーケティングをする上で、これが欠けるとマーケティングとは言えないということです。



マーケティング講義


その答えは地味で軽視されがちなこと

その先生の答えは「計測できること」でした。

マーケティングに重要なのはエビデンスです。

営業最前線にいる人の長年の勘ではなく、数値に裏付けられた仕組みです。

「だいたい」とか「だろう」は必要ありません。

私達が行う「Webマーケティング」も、見込み客行動の見える化が基本となっています。

何人の人がサイトに訪問してくれたのか?
見て欲しいページに何人来てくれたのか?から始まり、

誰が来たのか?

誰が何に興味があるのか?

どこにPRすれば効果的なのか? 

全て数値で見て、それを元に戦略を立てます。
そして実行し、検証し、次に繋げるPDCAを回します。
このような活動は全て「計測」出来なければ、
正確にはできません。

正確に知るために、必ず計測できる仕掛けを施しています。


その頃、私を含め若いマネージャー候補の受講者達は、もっと凄い答えを期待し、
「な~んだ」という空気になりましたが、今こうやってマーケティングの実戦に携わっていると、たしかに一番大事であり、軽視されがちなことだというのが理解できますね。



マーケティングの仕組みを考える際は、
必ず「計測できる」仕掛けをいれてくださいね。

数値管理 アナリティクス MA
ブログ一覧へ