10月28日 「Japan IT Week【秋】」時間の合間を見て行ってきました。

Japan IT Week 秋

本日は27日に行く予定でしたが、

事情があって急遽行く事ができなかった

海浜幕張の幕張メッセで開催されている「Japan IT Week【秋】」に

時間の合間を見て行ってきました。



もともと本日の予定になかったので、

ある程度仕事を終わらせてから行きました。



そのため閉会前の1時間程度しか時間がなかったので、

「Japan IT Week【秋】」の中でも、自分の業務に一番関係が深い

「Web&デジタル マーケティング EXPO」に絞りました。

それでも見れる時間は1時間!ブース全部を見る事はできません。

結果的には5~6社の説明を聞くので精一杯でした。

ただ、それでも非常に充実できたと思います。




まず感じたのが「Web&デジタル マーケティング EXPO」では

大きなブースが少なく、

1小間~2小間程度の小さな小間が沢山あり、

それぞれが個性的でした。



特に自分のように時間がなく

サッサっと見て回る人にとっては、

一言で何を提供・提案するブースか?が

わからないと説明員さんの声も聞かないなぁ~

ということが改めてわかりました。




前にリードエグジビジョンジャパンの方から

「ブースには大きな文字で簡潔にできる事を書くのが一番」

とアドバイスされた意味が実感できましたね。



小間が小さいと歩いて通過するのに数秒しかないので、

その際に自分に関係有るか?無いか?を判断します。


説明の人が出て来ても、

まず自分の目で見ながら判断するので、

書いてある内容がわからないと、

「関係なし」と判断し、説明も断ってしまいます。

こんな体験ができただけでも、成果はありました。


チャット

さて、内容ですが、

一番気になったのはチャットですね。

Webにチャット機能を搭載し、会話をしたり、

サイト閲覧者の情報を取ったり、

その場でコミュニケーションできるサービスに興味がわきました。




前にマイクロソフト商品でトラブった時、

電話は繋がらないし、

問い合わせメールだと時間が掛かるし、

困っていたところチャットがあったので、

駄目元で使ってみたら、すぐサービスの人と会話ができ、

早急に問題解決できたことがあります。



この頃チャットは、大手のサポートセンターくらいしか使っていなかったと思いますが、

その機能が中小企業も使えるレベルになっていました。



今後Webの問い合わせもチャット時代に突入すると思います。

とにかく今の時代ビジネスにはスピードが最重要だと思うので、

これができるか?できないか?

の差が広がる事は間違いないと思います。



また、メールと同様に全てテキストで残るので、

電話のように言った言わないも無く、ビジネス向きですね。

ただ、チャットだと即効対応が必要なので、

その際の人も含めた仕組みが重要になってくるのではないでしょうか?

そこには新たなビジネスチャンスも生まれるでしょう!

今後このチャット機能に目が離せません!!!

プロダクトローンチ
 
ブログ一覧へ