最新の情報収集モデルは「タグる」

Twitterやインスタグラムなどのソーシャルメディアでは、ハッシュタグを活用して情報収集する人が増えてきました。中高生など、学生は食べログではなくインスタグラムのハッシュタグから魅力的な店を探す方が主流になっているという話もあります。

このハッシュタグを追って情報収集することは「タグる」と呼ばれるようになりつつあります。正確には、ハッシュタグを用いて情報の発信と整理をユーザー主導で行い、情報を手繰るようにして獲得することを指します。

いわゆる「ググる」は、Googleなどの検索サイトで設定されているアルゴリズムにより情報を評価し上位表示するものです。あくまで情報の選別をして、優先的に表示するコンテンツを選ぶのはGoogle、検索サイト側です。しかしながら、「タグる」はユーザーがボトムアップ的に生み出すコミュニケーションの秩序が判断軸になり、ユーザー主体の情報評価が行われます。現代ではユーザー発信の情報にダイレクトにつながることが重視されているのです。
スマホの普及により誰もがビジュアルで体験を可視化できるようになり、消費社会の成熟化に伴って体験の記号的価値が重視されつつあります。集客のきっかけとして、シェアしたくなるコンテンツを作るのは有効な手段なのではないでしょうか。
タグ
 
 
 
ブログ一覧へ