中小企業がコンテンツマーケティングを実行できない理由

私が強く感じていることは、中小企業はWeb集客から出遅れているという現実です。
中小企業の方にこそ、Web集客を使うべきだと思っています。中小企業がネット集客に踏み込めないよくある課題をご紹介します。
国内の中小企業400万社の多くがが自社Webサイトを所有していますが、自社Webサイトで販売や予約を受け付けている、ブログで情報発信しているものだけに絞ると、その割合は20%を切ります。

つまり80%以上の中小企業はインターネット上では会社案内程度しか載せておらず、自社ビジネスに集客する仕組みまでは持てていないということなのです。

中小企業がWeb集客に本腰を入れられない理由

1)ネット集客のやり方がわからない

2)様々なツールを使わないといけなくて面倒

3)ネット集客を始めるには多くの予算がなければならない

中でも一番ハードルが高いと感じられているのが、「ネット集客のやり方がわからない」ということで、具体的には「本業が忙しく手が回らない」などの悩みを多く耳にします。
中小企業がWeb集客に本腰を入れられない理由

中小企業がコンテンツマーケティングを実行できない理由

Web集客のメイン対策として実行していくのは「コンテンツマーケティング」です。
ここ数年検索エンジンの進化、ソーシャルネットワークの台頭により、コンテンツマーケティングでの効果が大きくなっている事実からお奨めしています。

1)コンテンツを作っている時間がない

2)どんなコンテンツ記事を書いたらいいのかわからない
一番やっかいなのは、ぼんやりとしたイメージや、周囲の人間がみな同じことを言っているというような理由で思考停止してしまうことなのです。

最低限のWebマーケティング知識を持ち、ロジカルに考えることができれば、たいていの課題は解決できる時代になってきているのです。
 
 
 
ブログ一覧へ