Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

音声検索のためのセルフSEOが勝ち組になる

Googleによると2016年にあった検索の約20%が音声認識を使ったものだそうです。また、アメリカ国内のアンドロイドユーザーに絞ると25%という数字もあります。

2020年までに50%にまで上昇するとも予測されており、Webマーケティングにとって、音声による検索のためのWebサイト最適化が必要になると言えます。

しかし、音声による入力はタイピングより簡単なので、1回の検索でたくさんの単語が入ると予想され、一般的に少数の単語を検索キーワードとするのではなく、より具体的かつ多くの単語に引っ掛けてコンバージョンを稼ぐようなロングテールなキーワード設定が必要になるのではないでしょうか。
新型iPhoneのおかげでARはユーザーにとって身近なものになった

ロングテールなキーワード設定

記憶にも新しいiOS11には「ARKit」というAR(拡張現実)アプリ開発フレームワークが搭載されています。ARを使ったアプリやコンテンツ作成のオープンソース化がいよいよAppleからなされたました。

また企業のARコンテンツ開発にも開発の進捗が見られ、例えばメジャーリーグベースボール(MLB)のiPhoneアプリは試合中にiPhoneを通してコートを見ると、画面上に打率や選手の情報が出てくるらしいです。

また大手家具小売店IKEAはスマートフォンを通して、実際に家の中に家具を配置してみた様子がわかるARアプリを開発しています。

iPhoneにAR機能が加わったのはただの新機能ではなくコンテンツマーケティングなどにおいてゲームチェンジャーととらえるべきです。もしかしたらインスタ映えではなくAR映えといったコンテンツが人気になることもありえるかもしれない。
 
 
ブログ一覧へ