オウンドメディアが人材育成をする

情報を調べる意識がつく

オウンドメディアで継続して情報発信をするためには、日頃の情報収集が欠かせません。
情報を発信するためには内容の信憑性を確立しなければならないため、深く情報を調べることになります。これらは、周辺の状況や関連性を知るきっかけとなり、 自社サービスに対する知見も高まることにつながります。

情報のアウトプットによる説明力の向上

情報のアウトプットによる説明力の向上
自身が調べた内容をまとめて文章化するアウトプットは、「調べて・書いて・直して」を繰り返して頭を回転するようになり、 記録にも記憶にも根付きやすくなります。

アウトプットを続けることは、よりシンプルに判りやすく伝えるための訓練になりますので、説明能力の向上にもつながります。

情報の蓄積が後の育成につながる

情報の蓄積が後の育成につながる
オウンドメディアの情報は財産として半永久的に残り蓄積されていくため、これらの情報は後の人材の教本となります。

先人が残した指導の教本が用意されていれば、「育成に手が回らない」という課題を少なからず解消してくれる可能性があります。

オウンドメディア活用のメリット

発信内容をコントロールできる
口コミなどと違い、自社で発信内容をコントロールできる点です。
ただし自社の主張だけをしていて、ターゲットを考えないと作っても読まれない可能性もあります。
自社だけがもっているノウハウや競合他社と差別化できる情報を出すこともできます。

立ち上げてしまえば、情報の発信には広告費を払う必要がない
自社が運営・管理するメディアのため、ページを立ち上げてしまえば広告費などは発生しません。

会員登録などの情報が取得、活用ができる
自社オウンドメディアを通して、会員登録をしてもらったりします。
これは顧客データを活用するWebマーケティング施策において非常に有利です。

オウンドメディア運営の7主な目的

☑ 商品や企業の認知度向上
☑ 新規の顧客やリード獲得
☑ オンラインからの受注増加
☑ 既存顧客のエンゲージメント向上
☑ 企業ブランディング人の採用
☑ 企業がつくりたい世界観を広める
☑ オウンドメディア自身でのマネタイズ
 
 
ブログ一覧へ