SEO(検索エンジン最適化)とは

検索エンジンの検索結果で、上位に表示されたり、多くの機会で見つけられたりすれば、ホームページの集客力は飛躍的に向上します。このように検索エンジンに見つけられやすく対策して、集客する手法をSEO(検索エンジン最適化)といいます。SEOは現在ホームページの集客施策には欠かせないものとなっています。

SEO とは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉です。

「なるべくお金をかけずに集客したい!」

Webサイトを運営している人であれば、誰もが目指す目標です。
そして、広告費をかけずに、顧客を集めることができれば、ビジネスとしては理想的と言えます。

そこで広く利用されている手法が、SEO (Search Engine Optimization)と呼ばれる集客方法です。コストを極力おさえ、内容で勝負できると言われています。

Google やYahoo!等の検索エンジン

なるべくお金をかけずに集客したい!
自然検索結果 とは、検索結果 の広告ではない部分のことを指します。
検索結果 ですから、ユーザー は何かを調べたくて検索を行っています。
それだけに行動としては能動的となり、Webサイトに流入させることが出来ればコンバージョン しやすいのが一般的です。

自社Webサイトがより多く上位に表示されることができれば、集客だけでなく売上までもが期待できると言えます。

上位表示の肝はユーザー から評価されるホームページになること

上位表示の肝はユーザー から評価されるホームページになること
Google はユーザー にずっとGoogle を使ってほしいと考えています。
しかし、検索結果 に検索キーワード と関係ないものが並んでいたり、質の低いホームページが並んでいたらどうでしょうか?

きっとユーザー はGoogle を使わなくなります。
逆に質の良いサイトやコンテンツ が並んでいたら、またGoogle を使おうとなります。
よって、Google は、「ユーザー の評価の高いホームページ =質の高いホームページ 」と判断し、ユーザー に評価されるホームページを作ることが結果的にGoogle にも評価されます。

言い換えれば、「ユーザー から評価されるホームページ =検索エンジン が評価するホームページ 」と言えるでしょう。

時間はかかりますが、集客にお金を掛けたくないWeb担当者は、必ず行うべき施策です。

検索結果 はすぐに変化しない

どんな対策をしても、検索結果 はすぐに変化しません。
前述したとおり、検索結果 の質はGoogle にとって非常に重要なものなので、様々なアルゴリズム を組み合わせて、Google は検索順位を決めています。

よって、本当にその順位にしてよいかどうか決まるまでに時間がかかります。

SEO は、手間をかけることで自社Webサイトを検索結果 において、有利な位置に露出させる集客手法です。
そこで、重視するべきことは、ユーザー が見やすいか、有益な情報かという、徹底的なユーザー 目線です。
 
 
 
ブログ一覧へ