コンテンツマーケティング・コンテンツSEOを成功させる

コンテンツマーケティングとは
コンテンツマーケティングとは、見込み客に有益で、価値あるコンテンツを提供することで、より多くの見込み客を引き寄せ、見込み客の理解を図り最終的には自社の商品の利用してもらうための、Webマーケティングのことを言います。

コンテンツSEOとは
コンテンツSEOとは、自然検索からの集客、ソーシャルメディアから集客を実現させるために、ユーザー(見込み客)が必要とするような情報(コンテンツ)を継続的に発信することを指します。
コンテンツマーケティング・コンテンツSEOを成功させる
コンテンツマーケティング・コンテンツSEOを成功させる
コンテンツ  SEO は、自社が提供するサービスのターゲットユーザー に役立つ情報を一定量発信し、ホームページの流入数 を増やし、徐々に成果を上げていくことが目的です。そのためには、まずユーザー にどのようなコンテンツ を発信すれば自社のホームページを見てもらえるのかを推測する必要があります。

実際にコンテンツ を作成する前に、まずは自社・ユーザー ・競合の分析を行いましょう。
3C分析を行い、自社の立ち位置を明確にしましょう。

次は業界内でどのようなポジション、どのような層を狙うのかを決定する必要があります。自社サービスのポジションを明確にすることで、ユーザー に訴求する内容が明確となり、コンテンツ に落とし込みやすくなります。
コンテンツ の方向性が固まったら、次は対策するキーワード を選びましょう。しかし闇雲にキーワード を選ぶだけでは、コンテンツ  SEO は成功しません。
そのような失敗を避けるために、なぜキーワード選定 が重要なのかをしっかり理解する必要があります。
キーワード選定 の重要性を理解したら、実際にキーワード を抽出してみましょう。
Yahoo!やGoogleが提供するキーワードアドバイスツールで各キーワード毎の対策難易度を予測し、狙う余地のあるキーワード を探し出します。
対策するキーワード が決まったら、いよいよコンテンツSEOにとりかかります。コンテンツSEOは従来のSEO対策とは全く異なり、更にただただコンテンツ量を増やせば成功する、というわけでもありません。
戦略部分からしっかり理解できていないと、誰の為に作成されたのかわからないようなコンテンツ が生み出されてしまいます。

コンテンツSEOとは何なのかを把握しましょう。
コンテンツSEOの概念を理解したら、いよいよ作成に入ります。
ユーザー に響くようなコンテンツを作るにはテクニックも必要となるので、こちらの記事で学んでみましょう。テクニックも重要ですが、コンテンツSEOで重要なのは「ユーザー 視点」ということを忘れてはいけません。
コンテンツ を作成した後は、作りっぱなしではなく、アクセス解析で効果検証を行う必要があります。アクセス解析について不安がある方は、こちらのGoogleアナリティクス の基本的な使用方法を確認しましょう。
Googleアナリティクス の基本的な設定ができたら、コンテンツSEO 効果検証用の設定を行いましょう。
コンテンツSEOはアクセス解析のデータを元に今後どのようなコンテンツ を追加していくかを考える必要があるため、こちらの記事を見ながらしっかり設定しましょう。
コンテンツSEOと言っても、様々な要素が絡み合っています。
コンテンツSEOはただでさえ成功させるのが難しい部類です。基礎をおさえないまま行ってしまうと、労力をかけた割にイマイチな成果しか上がらない確率が高くなってしまいます。

コンテンツSEOを本腰入れて行う場合は、少なくとも上記の内容は理解しておきましょう。

ただしっかりと取り組むことで自社のターゲットユーザー がホームページに訪れるようになっていきます。
 
 
 
ブログ一覧へ