Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サーチコンソールでできることまとめ (Google Search Console)

サーチコンソールでできることのすべてを解説します。さらに詳しく知りたい方は確認してみてください。
ペナルティと判断された場合はメッセージとして通知されるので、定期的に確認しましょう。
※見方:ダッシュボード→メッセージ
リッチスニペットとは、検索ページに表示されるレビューや画像などのテキスト以外の情報を指します。リッチスニペットが表示されずにデータにエラーが出ている場合、「構造化データ」をチェックするとエラーの内容がわかります。
※見方:検索での見方→構造化データ
構造化データはふつうHTMLでソースを書き換えますが、ソースを編集せずに、データに意味づけができます。構造化データを編集するのが難しい場合や、HTMLが修正できない場合に使うと便利です。
※見方:検索での見方→データハイライト
クロール時やインデックス時にクロールが発見した、タイトルタグの問題、メタディスクリプションの問題、インデックス不可コンテンツの問題などがわかります。タイトルタグやメタディスクリプションはユーザーの目に触れる可能性があるので、問題がある場合は改善しましょう。
※見方:検索での見方→HTMLの改善
サイトリンクはGoogle がユーザーの役に立つと判断したときのみ、検索結果に表示されるページリンクのことです。サーチコンソールのサイトリンクでは、表示したくないリンクが上位に表示されている場合、順位をさげることができます。
※見方:検索トラフィック→サイトリンク
見方:検索トラフィック→サイトへのリンク
ページの内部リンクの数はページの重要度をはかる要素になります。サーチコンソールの内部リンクページでは、重要なページにどれほどのリンク数があるか確認できます。
※見方:検索トラフィック→内部リンク
Googleはふだん自動的にサイトのターゲットとなる国を判断していますが、インターナショナルターゲティングを活用すると、自分でターゲットとなる国や言語を設定できます。
※見方:検索トラフィック→インターナショナルターゲティング
モバイルからのユーザビリティに問題がある場合に、エラーが表示されます。
※見方:検索トラフィック→モバイルユーザビリティ
※見方:Googleインデック→インデックスステータス
※見方:Googleインデック→コンテンツキーワード
※見方:Googleインデック→ブロックしたリソース
コンテンツ自体が削除されるわけではありませんが、検索結果から一時的にブロックすることができます。
※見方:Googleインデック→URLの削除
クロール状況を把握し、クロールされたページなどを確認できます。
※見方:クロール→クロールステータス
※見方:クロール→robots.txtテスター
※見方:クロール→URLパラメータ
 
 
 
ブログ一覧へ