Webマーケティングを実施する上でつまづきやすいポイント!

Webマーケティング施策を実施するものの、想定していた成果が得られないこともあるでしょう。

そこで、担当者がWebマーケティング施策を実施した当初につまづきやすいポイントを解説します。

コンテンツを更新するためのCMSの導入と操作方法がそもそもわからない

Webサイトやブログの更新しやすさを考慮してCMSの導入を検討するものの、CMSの導入や設定でつまづくことがあります。

WordPressなど一般的な認知度の高いCMSでも、導入にあたってサーバーのレンタル、FTPアップロードなど一定の知識が必要になります。
その他の業務と兼任のWeb担当者であれば、満足に工数を割けないことが考えられます。

CMSを導入を検討する際、どういったスキルが必要になるのか、現状のスキルで利用できるCMSはあるのかを確認してみましょう。
コンテンツを更新するためのCMSの導入と操作方法がそもそもわからない

コンテンツ数を増やそうと「日記」的な記事を闇雲に更新してしまう

コンテンツ数を増やそうと「日記」的な記事を闇雲に更新してしまう

コンテンツマーケティングにおいて、定期的にコンテンツを発信しつづけることが大切です。
ところが、コンテンツ数を増やそうと考えるあまりにユーザーにとって価値を提供できないコンテンツを更新してしまう場合が考えられます。
つまり、ペルソナ設定が曖昧なままコンテンツを更新しているということです。

商材の強みと、ユーザーが求める情報のミスマッチが起きてしまうことで、コンテンツ数が増えたとしても集客が伸び悩む可能性があります。
そのため、商材がどういったユーザーに求められているのかを軸に、コンテンツを更新しましょう。

まSEO施策においても同様です。検索されやすいキーワードを利用してコンテンツを更新しても、強みと一致していなければ効果が見込めません。

SEOのテクニックを過剰に意識しすぎてしまう

SEOを取り入れた上でつまずきやすいポイントとして挙げられるのが、テクニックを意識しすぎてしまうことです。
検索結果に表示させたいキーワードを盛り込みすぎてしまうことや、関連性のないリンクの設置など、コンテンツの内容を意識せずテクニックを利用してしまうことで、ユーザーが離脱する可能性があります。

過剰なリンク対策やキーワード対策は、Googleによってペナルティを受ける恐れもあります。

もちろん、有益なコンテンツを提供することを前提として、適切なテクニックを盛り込むことで効果を見込めますが、「集客」や「ファンの育成」など目的を踏まえた上で必要であれば活用しましょう。
 
 
 
ブログ一覧へ