既得損益に囚われない「問題の本質的な理解と整理」というプロセス

マーケティングの世界では有名な「ドリルと穴」の話しがあります。

ドリルを探している人は、ドリルをほしがっているのではなく、穴をほしがっているのだ、という1960年代から引用されている話しです。

Web制作にも通じます。

Web制作会社を探している企業は、Webサイトをほしがっているのではなく、事業上の課題を解決したがっているのだ、というわけです。
ソリューション」か「非ソリューション」か

マーケティングの世界では有名な「ドリルと穴」

ブログ一覧へ