メールマーケティングとメルマガ配信の違い

メールマーケティングとメルマガ配信

メールマーケティングとメルマガ配信の違いをご存知でしょうか。
なんとなくでは理解していても、正確に説明することは難しいのですよね!
メルマガ配信とは、「登録会員に一斉に同じメールを送ることで情報を届ける」という取り組みです。
決められた曜日や時間に、全ての登録会員全員に同内容のメールを送ることが多いです。


メールマーケティングとは、「登録会員一人ひとりに最適化された内容のメールを最適化されたタイミングで送ることで情報を届ける」という取り組みです。
登録会員の性別などの属性や会員登録日時に応じてそれぞれ内容の異なるメールを別々のタイミングで送ることです。


両者の違いをひと言で表すなら、登録会員にマス情報のように画一的にメールを届けるか、複数のコンテンツを企画・用意し“誰に・何を・どのタイミングで届けるか”を考え抜いて最適化されたメールを届けるかの違いです。

小さな違いのようで、実はこの“違い”はマーケティング上とても大きな意味を持つものなのです。
メールマーケティングとメルマガ配信の違い
マーケティング
メールマーケティングは、基本的にはメール配信システムを利用して行います。

メール配信システムの月額利用料は、他のマーケティング施策、サービスと比較するとリーズナブルであり、無料のシステムもあります。
また、メールの配信先となるターゲットは既にメルマガに登録してもらっている登録会員ということから、コンバージョンに最も繋がりやすいユーザー層へのマーケティングです。

メールマーケティングを上手く利用して成果を上げることができれば、メール配信の費用に対して高いコンバージョン成果を期待できます。
マーケティング施策には、メール配信の他にも、顧客に対して様々なアプローチがありますが、それらのマーケティング施策の費用と比べると、メールマーケティングは圧倒的に低コストで始めることが可能です。

無料から始められるサービスもあり、大企業だけでなく中小企業や個人店でも気軽にメールマーケティングを導入することができます。
メルマガ配信では、登録会員の属性や好み、行動歴にかかわらず、同様のメールを送るしかありませんでした。

しかし、メールマーケティングを実施することで、登録会員の属性や行動歴などを把握、分析してユーザー一人ひとりに最適化されたコンテンツ提供が可能になります。

そのため一通のメールでも、従来のメルマガ配信よりも効果的にユーザー心理に働きかけることができ、高いコンバージョン率を期待できます。

こうした理由から、メールマーケティングを取り入れるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。
 
 
 
ブログ一覧へ