Webを活用する組織風土づくりに関してよくある話し

Webを活用する組織風土

☑ 全社としてWeb活用する風土がないので、Web担当者として疎外感を感じる
☑ Webマーケティングの重要性や文化が社内に浸透しない
☑ 理解が得られていない事に対して、Webマーケティングの重要性をどう理解させたらよいか?
☑ ルート営業部門が保守的で、新しいことに前向きではない

業務プロセス全体

☑ Webサイト(Webマーケティング体制)を変えるだけでなく、業務プロセス全体を見なおす必要性を感じている
☑ 担当部門としてはWeb活用を推進したいが、他部門の前向きな協力が得られない
☑ 社内全体でWeb活用を底上げしたい
☑ 遠隔地の拠点(支社やフランチャイジー)とWebマーケティングのノウハウを共有し、各拠点がWebで情報発信を自発的にできるような体制を作りたい
業務プロセス全体

業務プロセス全体

Web活用を推進

Web活用を推進する部門としては、競合他社も着々とWeb活用を進めているという焦りもあって、社内にも他部門にも、Web活用の推進を半ば押し付けるように依頼してしまうというケースがあります。
しかし理解を得られないままでは、他部門とあつれきが生まれて、組織的な活用がうまく進まなくなってしまいます。

重要性を理解

幹部陣がWebの重要性を理解しておらず、トップとしての意思決定ができない!

年齢が高い方が経営者となっている企業においては、経営者自身が世の中のIT化の流れを自己体験できていません。
それが原因で、
幹部陣がWeb活用の価値を理解できず、トップマネジメントとしてのIT投資への意思決定が鈍くなってしまいます。
 
 
 
ブログ一覧へ