9月8日 自社はどのように情報発信するべきなのか

企業が新しいサービスやプロダクトを開発する際に競合分析を行うように、情報発信においても競合の分析が必要です。

分析を実施することで、「自社はどのように情報発信するべきなのか」が明確になっていきます。

分析に持っておいたほうがいい視点

分析を実施する上で持つべき視点

☑ 自社と同業種で情報発信を行っている競合会社
☑ 同テーマで情報発信を行う媒体
☑ 同業種ではあるが、まだ情報発信に取り組んでいない競合会社

情報発信という点においては、競合会社だけではなく媒体も競合になり得ます。

また、既に情報発信を行っている競合会社以外にも、まだ情報発信を行っていない同業種もチェックが必要です。

将来、競合になる可能性が高い競合会社を事前に把握することで、自分たちの優位性を明確にしておく必要が生じ、競合会社の参入に備えることができます。
自社はどのように情報発信するべきなのか
自分たちの優位性を明確にしておく必要

自社を理解して、発信したいテーマを明確化する

自社を理解して、発信したいテーマを明確化する

競合会社と同時に自社の分析も行うことで、自社が情報発信をする際にどのようなポジションを狙うべきかを明らかにしてください。

自社の確認をしながら、情報発信を通じて「自社はターゲットにどのように認知されたいのか」を考えてください。

情報発信において訴求すべきポイント

☑ 「自社のブランドにどのようなイメージを持ってほしいか?」
☑ 「発信を通じて投げかけたいメッセージは何か?」

責任者は、上記のような質問を自分やチームに投げかけ、答えられるようにしておくと、自社の発信テーマを言語化しやすくなります。

また、テーマを社内で共有する際にも役立つはずです。

競合会社分析と自社分析

競合分析と自社分析を行うことで、発信したいテーマが絞られていきます。

発信したいテーマやポジションが明確になれば、そのテーマを発信するメディアを運営する上で、どの程度のリソースが必要になりそうなのか、その予算やリソースは自社にあるのかを考えられます。

競合会社が存在するテーマで発信を行う場合、自社の人員や予算の規模で競合会社と差別化が行えるのかどうかを確認する必要があります。

競合会社が存在する場合は差別化を行うために、発信内容をニッチで尖ったものにするなど、発信の仕方を考え直すことも必要です。

競合会社が存在しないと考えられるテーマで情報発信を行う場合でも、自社の人員や予算がどれくらい必要なのかは確認しておくべきです。
 
 
 
ブログ一覧へ