9月4日 マーケティング活動をテクノロジーによって自動化するツール

マーケティングオートメーションとは何かを一言で表すならば、「マーケティング活動を自動化するツール」です。

マーケティング活動を細かく分解すると、以下の3つに分けられます。

☑ 見込み客を集める = リードジェネレーション
☑ 見込み客を育てる = リードナーチャリング
☑ 見込み客を選別する = リードクオリフィケーション

つまりマーケティングオートメーションは、「獲得した見込み客の情報を一元的に管理し、選別や育成を一貫して行うことで、最終的に購買意欲の高い見込み客を営業へ渡す」という一連の作業を自動化する役割を担っているのです。
陽幸社 マーケティング

陽幸社 Webサイト

マーケティングオートメーションの機能の概要

マーケティングオートメーションは、リード(顧客管理)、メール配信、Web解析(トラッキング)が代表的なコア機能です。これに加えて、スコアリング、シナリオ(自動化)、フォーム、ホットリード検出、などの機能を利用できます。

マーケティングオートメーションでは、これらの機能がひとつのクラウドで実装されています。そのため、ある特定顧客のWeb訪問履歴を追従して、あるタイミングで自動的に特定のメールを送信するなど、自動化することで、マーケティング業務の効率化が可能になります。
☑ 顧客管理(リード管理)
☑ メール配信
☑ フォーム作成
☑ Web解析(トラッキング)
☑ スコアリング
☑ 各種通知機能
☑ シナリオ(自動化)

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、マーケティング業務の簡略化や自動化、これまで不可能だった顧客ニーズを推測するための情報を提供するクラウドサービスです。

マーケティングオートメーションの業務の簡略化は、今までそれぞれバラバラだった機能をひとつのマーケティングオートメーションというクラウド型のサービスに集約し、機能を連携することで実現しています。

マーケティングオートメーションの代表的な機能である顧客管理(リード管理)とWeb解析を連携させれば、「誰がいつどのWebページを訪問したか?」がわかります。
顧客管理でもWeb解析でも、この情報を得ることができませんでしたが、マーケティングオートメーションで機能を組み合わせることで実現しています。
 
 
 
ブログ一覧へ