8月25日 デジタルマーケティングとは・・・

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、Webと合わせて、デジタルテレビ、デジタルラジオ、スマホなどのデジタル化されたメディアを合わせて活用したマーケティングの総称です。

一般的には「Webマーケティング」という言葉から派生したより大きな枠組みを指しています。

Googleトレンドで見ると、10年以上前から存在する用語で、2015年半ばを機に、デジタルマーケティングが台頭してることが確認できます。

もともと主体であるWebマーケティングという言葉を頭に入れながら、デジタルマーケティングを理解することが大切です。

Webマーケティングは、「検索エンジン最適化(SEO)」「リスティング(PPC広告の一種)」「ソーシャルネットワーキングサービス (SNS)」などのWebを通じてWebサイトへ集客したユーザーに、同サイト内で商品を購入してもらうようにマーケティングすることです。

このWeb主体のマーケティングを含んだ大きな枠組みが「デジタルマーケティング」だと思います。
デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの目的

デジタルマーケティングは、Webをはじめ、スマートデバイスなどデジタルメディアの普及とともに新たに集まるユーザー層を取り込むことが目的としてあります。

新たなユーザー層をうまく取り込むことで、企業成長につながる可能性があります。デジタルメディアの多様化が進む中、デジタルマーケティングを取り入れた企業戦略は必須といえるかもしれません。
 
 
 
ブログ一覧へ