8月4日 Webマーケティングを成功に導くコンサルタントが必ずしている5つの質問

1.「無料」や「自前」に、こだわり過ぎて時間ばかり浪費していないか?

特に、スタートアップ系の企業の担当者に多く見られるパターンがこれです。もちろん、ブログ記事の執筆やSNSの運用など、無料かつ自前で出来て効果につながる手法もたくさんあります。

しかし、「無料」や「自前」にこだわりすぎるあまり、作業者の投下時間についての考慮がなくなってしまい、人件費に換算すると費用対効果が悪くなっているケースがよくあります。

2.基準となる「獲得単価」があいまいになっていないか?

Webマーケティングは数値で測定できることが最大の特徴です。すべて費用対効果の基準となる「1件あたりの獲得単価(=CPA)」が設定されていないと成功はおぼつかないと言えるでしょう。

3.新しい手法に次々と飛びついていないか?

Webマーケティングは移り変わりがとても早いことが特徴です。最近で言えば、「Pinterest」や「Vine」など新しいトレンドや手法が次々に出てきます。競合他社に先んじて最新の手法を導入することで、先行者利益を享受したいという気持ちは理解できます。

4.自社の言いたいことを言うだけでユーザ視点が欠落していないか?

多くのサイト担当者は、自社のサイトがユーザにどのように使われているかを一度も見たことありません。その上、商品の商品・サービスへの思い入れが強いことも多く、知らず知らずのうちに「ひとりよがり」になってしまっているケースが多く見られます。

5.検証もせず「やりっ放し」になっていないか?

Webマーケティングの施策を実施した後、結果に一喜一憂するばかりで、しっかり検証をしていない、こういうケースは非常に多いと言えます。Webマーケティングの特徴は結果が数値ですぐにわかり、改善施策をすぐに反映することができることです。検証をしっかり実施することこそが、Webマーケティングの成功のカギとなります。

受け入りですが妙に納得のいく記事です

Webマーケティングを成功に導く
 
 
 
コンサルタントが必ずしている5つの質問

ブログ一覧へ