7月30日 検索者にも、検索エンジンにも、わかりやすい構造

サイトの使いやすさに大きく影響するのは、情報の分類方法です。

☑ 大カテゴリー(グローバルナビゲーションで示すカテゴリー)
☑ 中カテゴリー(ローカルナビゲーションで示すカテゴリー)
☑ 小カテゴリー(以下、必要に応じて)
 
検索エンジンも、人間と同じように「集合図」的にコンテンツを把握しています。

大、中、小というカテゴリー階層をキーワードとひもづけて理解しているため、適切なカテゴリー分けによって、複数語検索などの明確なニーズにも、それぞれのページをマッチさせることができます。

分類されていないたくさんの情報から、自分がほしい情報を探すのは苦労します。

人間も検索エンジンも同じです。

情報がきちんと分類されていれば、サイトの全体像を把握しやすくなるだけでなく、個々のページを評価しやすくなります。
検索者にも、検索エンジンにも、わかりやすい構造
 
検索エンジンも、人間と同じように「集合図」的にコンテンツを把握しています

検索者のために作り手はカテゴリを作成しますが、うまくいっていないサイトほど、このカテゴリ作成が雑ですしよく意味が分からないカテゴリになっています。

理由は明確で、サイトを制作するときに、イメージして制作するからです。 カテゴリはイメージで作るものではありません。

検索者の為にも、カテゴリの仕分けはきっちり行わないといけないのです。

カテゴリは、イメージで作成するのではなくサイトに合わせて、検索者がアクセスをしたときに観覧しやすいようにまとめてあげることが大切です。
検索者がアクセスをしたときに観覧しやすいようにまとめてあげることが大切です。
 
 
ブログ一覧へ