7月18日  GoogleやYahoo!にとっての「自然検索」とは

まずはじめに、SEOの相手となる検索エンジンに対する理解を深めるために、GoogleやYahoo!にとって「自然検索」や「SEO」がどのような意味をもつのかをおさらいします。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの主な収益源は、リスティング広告やディスプレイネットワークなどによるクリック課金収入です。収益源である広告のクリック数を高めるには、恒常的にユーザーを集め続ける必要があります。したがって、検索エンジン側の使命は今も昔も「ユーザーのニーズに合致した検索結果を提供し、ユーザーを増やすこと」です。

ユーザーが離れれば広告のクリック数もダウンします。結果的にGoogleをはじめとする検索エンジンの広告収入は減少します。

つまり、検索エンジンにとって、自然検索の検索結果をWeb担当者にコントロールさせることは絶対に避けなければならない死活問題なのです。

ところが、一昔前まで意図的に特定のキーワードで自社サイトの検索順位を上げることは、決して不可能なことではありませんでした。そのための代表的な施策がサイトに対する「外部リンク」を恣意的に増やすことです。

GoogleはWebサイトについたリンクをある種の投票のように解釈し、外部リンクの”質”と”量”によって順位付けを行っています。ここでの詳細な説明は避けますが、その仕組みを逆手に取り、自前でサテライトサイトを量産して上位表示させようとする手法が一昔前までのSEOの実態でした。

前述の通り検索結果をコントロールされたくないGoogleは、このような方法をガイドラインで禁止しており、こうした施策に対して幾度となく対応をとってきたものの、長らくイタチごっこが続いていました。
 
 
0718_01
 
 
0718_02

ブログ一覧へ