6月28日 失敗するサイトはWebマーケッターに問題がある!

Webマーケティング

IT化が進む現代では、Webを用いたマーケティングが盛んに行われています。

多くの企業が自社のサイトを所有しており、自社サイトを用いた効果的なマーケティングを日々模索しています。

このWebマーケティングを担当している人がWebマーケティング担当者で、Webマーケッターとも呼ばれています。

今回は、Web担当者の仕事内容や、要求されるスキルなどについてご紹介します。
 
 
Webマーケッターは、Web上でのマーケティングを担当します。

Webマーケティングの主な目的は、Webの登録者数やPVなどの増加です。
Webマーケッターはその目的を達成するために、さまざまな施策を講じます。

その後、施策の結果からユーザーの流入経路や離脱率を分析し、施策の検証・改善を行います。

Webマーケッターには、マーケティングに関する知識が不可欠です。

仕事内容は自社サイトへの集客だけではありません。

現代に生きる人々はどのようなライフスタイルを送っているのか、時代の動きを読みながらユーザーのニーズへ先回りし、ときには新たなマーケットの形を自ら作り上げていきます。

そのため、
Webマーケッターには、自身が担当する市場に関する専門知識だけでなく、常に社会の変化に対して幅広くアンテナを張り、臨機応変なマーケティングを行う柔軟さが求められます。
0628_01
 
 
0628_02

Webマーケッターに必要な能力とは?

Webマーケッターには、マーケティングに関する知識が不可欠なことは前述しましたが、アクセス解析に関する知識も必要です。

アクセス解析では、サイトに訪れたユーザーの情報や傾向を調べます。
ユーザー像を明確にすることは、今後の戦略を練るために必要な作業です。

一般的に利用されているアクセス解析ツールには、Google AnalyticsやSiteCatalyst、AD EBiSなどがあります。
基本的な操作方法はもちろん、効果的な使い方や設定方法についても学ぶ必要があります。
また、アクセス解析に関する知識と共に、SEO対策やアフィリエイトに関する知識も押さえておく必要があるでしょう。

加えて、
Webマーケッターには、サイトをプロデュースするスキルも必要とされます。

例えばLPOを行う際には、効果的なランディングページのデザインに対する知見が重要です。もちろんその際には、サイトの構築に関する知識も必要になります。
 
 
ブログ一覧へ