6月27日 変な文章はほぼ順位評価に加味されない/Google明かす

これを明かしたのは、Googleのアナリストのゲイリー・イリーズ氏です。

≪ あなたのサイトのページにある文章を、はっきり声に出して読んでみよう。そして、それが自然な文章に聞こえないなら、その部分のテキストは、順位評価の際にあまり重視されなくなるので、気をつけよう。 ≫

おそらくは、明らかにプログラムで生成したスパム文(いわゆるワードサラダ)でもない限り、そこまで評価に加えられなくなることは少ないのではないか、と思われます。

≪ ワードサラダ(word salad)とは、「文法は間違ってはいないが、文章としての意味が破綻している」自動で生成されたテキストコンテンツを指します。 ≫

参照:SEO HACKSより
0626_01
 
 

細かいことは気にせず内容で勝負しよう

SEOのためにコンテンツを書くときは、文法がどうとか、美しい文章かとか、ストーリーが完璧に破綻なく構成されているかとか、そういったポイントはそれほど重視しなくてもかまわないといえるでしょう。

もっと言うと、あなたのお客様(ターゲット)の一人に実際に読ませて、意味が通じそうなら、それで問題ないでしょう。
 
 
ブログ一覧へ