Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

5月9日 LINE@ セミナー資料つくり

1.メッセージ
2.タイムライン・ホーム
3.アカウントページ
4.1:1トーク
5.ショップカード
6.クーポン
 
 
当たり前をあたりまえにやる!

良くあるフレーズですが、Webディレクターから見まして、基本的に出来ている人はいません。

先を急いでると言うか?(気持ちは理解しているのですが・・・)

先人の結果だけを見て、自分の姿を想像しているので、セミナーでの質疑応答で困るときがあります。

例えば・・・
【 LINE@ はコミュニケーションツール 】 これに対する質問が、どうやってコミュニケーションを取れば良いでしょうか?

核心を突く素晴らしい質問ですが、
コミュニケーションツールである以上、業種業態によって変わりますし、オウンドメディアを自社で行う体制も分からずに表面的な提案になってしまいます。

Webディレクターとして、総合的に自社に合った提案をしたいと思います。

また、セミナーに参加して頂いた方には、これを頭の片隅に置いて頂き、試行錯誤して頂きたいと思います。そうすることで自社での経験が積まれ、結果に反映されます。
0509_01
 
 
0509_02

これはLINE@に限らず、WEB集客における全般的な課題でもありますが「一極集中しないようにすること」も重要だと言えます。

LINE@を活用した集客に注目が高まっていることは確かですが、過度に期待してそこだけに集中しすぎてしまうことはある意味で大きな危険を伴います。
 
 
ブログ一覧へ