4月21日 インバウンドセミナー開催

飲食店の84.8%が「積極的に外国人客を呼び込もうとしているか」の質問に
「いいえ」と回答し、その57.6%外国語の不安を理由にあげた。

しかし、訪日客は店員との意思疎通について
「満足」(18.0%)、「やや満足」(30.9%)、「普通」(34.5%)と8割以上が不満を感じておらず、調査では「飲食店は自ら“語学の壁”を設けて損をしている」としている。

一方、メニューの外国語表記に対しては訪日客の5割以上が「重視する」「やや重視する」と回答。
しかし、訪日客の外国語メニューへの評価は「満足」と「やや満足」が4割に満たなかった。

調査対象:金沢市の飲食店33軒と訪日客192名


出所:金沢大学・日本政策投資銀行北陸支店 「食に関する外国人客と飲食店のギャップ調査
 
 
訪日外国人への対応は重視しなければならないと考えているが、商品名の英語表記程度であり、満足いくレベルには達していません。

意思の疎通に対して流暢にしゃべれることを期待していないにも関わらず、日本人全般に外国語に対する苦手意識があります。
インバウンド
 
 
英語 苦手

衰えない訪日観光客の増加

2016年の訪日外国人旅行者数が過去最多となる前年比21.8%増の2403万9000人

政府は2020年に4000万人の訪日外国人を目指しています!

少しの工夫で来てくれる様になるのに、『 もったいない 』 と思いませんか?
 
 

外国語を意識せず、ビジュアルで伝えれば良いんです!  

外国人はルールを守らない!

こんな言葉がありますが、皆さんは訪日外国人に日本のルールを教えましたか?

僕もお店やホテルに行くことがありますが、訪日外国人向けのメニューや説明書などを置いてあるのをあまり見かけません。あったとしても、何だか良くわからない写真付きのメニューや言い回しのが日本人向けの説明書ばかりです。

例えば・・・
「外国人と友達になりたい」と言われた外国人の反応
「相手は私の個性より外国人という部分を重要視しているの?」「私と友達になりたいんじゃなくて外国人と友達になりたいだけ?」「私の性格、人柄、個性などは見てないの?」「外国人という条件に当てはまれば誰でもOKなの?」そう言われた外国人は、日本人に悪気がないと分かりながらも、失礼な事を言われたと感じるかもしれません。

ご飯を食べるとき日本ではお茶碗を持たなければマナー違反ですが、韓国ではお茶碗を持って食べることはマナー違反です。
 
 
焼き鳥なら、部位を絵で、呼び名(焼き鳥の名前)を外国語で表記して、出来上がった焼き鳥を食べたくなるような写真で、伝えるメニューが用意されていたら・・・

同じように、食べ方やお店のルールも分かりやすく、ビジュアル化して訪日観光客にメニューと一緒に渡したら・・・

外国語を必要としますか?

サイトも同じです

ネイティブな多国語で必要なことを記したサイトにすれば、ランディングページで良くないですか?

株式会社陽幸社が誇る、NICEPRESS(ナイスプレス)がご提案する『 インバウント 』 です。
 
 

ブログ一覧へ