4月18日 お客様の内に秘めた想い

お客様の想い

ホームページリニューアルをお手伝いさせて頂けることになり、お客様と初めてお会いしてお話をさせて頂きました。

お客様の想いと我々の想い

ふたつを掛け合わせることができました。
 
 
想いをカタチにするには、自社の強みに自信を持ちしっかりと定まっていないと、訴求ポイントが見出せません。

あれもこれも、なんでもできるでは、何を生業としているのかが伝わりにくくなります。

あれもこれも、この気持ちはわかります。

しかし、人の心に風穴を空けるには一点集中がいいです。

あれもこれもは丁寧に説明して行けば、検索者にちゃんと伝わります。

今日のお客様はしっかりと自社の強みを持っていました。そこを我々がブラッシュアップして訴求ポイントを絞ります。
0418_01
 
 
0418_02

我々が強みや訴求ポイントを導くことはできますが、他人が考えた強みを本当の強みに出来るだろうか心配になることがあります。

もちろん、コストを掛ければ競業他社や業界をリサーチし、業態業種を分析し、USPや訴求ポイントは見出せます。

しかし、強みを考えて頂くきっかけを創るのが、ディレクターの役目だと思います。

その強みを元に訴求ポイントをデザインするのが、お客様にとって身近なUSPと訴求ポイントだと思います。
0418_03
 
 
ブログ一覧へ