4月10日 Webマーケッター

Webマーケッターは、Web上でのマーケティングを担当し、サイトの登録者数やPVなどの増加を担当しています。

仕事内容は自社サイトへの集客だけではありません。

世の中の人はどのようなライフスタイルを送っているのか、時代を読みながら検索者のニーズへ先回りし、マーケットの形を自ら作り上げていきます。

Webマーケッターはその目的を達成するために、さまざまな施策を講じ、その後、施策の結果からユーザーの流入経路や離脱率を分析し、施策の検証・チューニングを行います。
0410_01
 
 
SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、検索エンジンにWebサイトの内容を適切に伝え、検索結果でより上位に自社サイトが表示されるようWebサイトを作成、チューニングすることです。

以前は他のサイトから多くのリンクを貼ってもらう外部リンク対策が有効でしたが、最近は検索者にとって有益な情報を提供するためにコンテンツの拡充を図ることがSEO対策として重視されています。
 
 
サイトの検索者流入数を増やす施策のひとつに、リスティング広告があります。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告のことで、サイトの閲覧状況や検索ワードにマッチした広告が表示されるため、購買意欲のあるユーザーを効率よく掲載元サイトへ導けます。
0410_02
 
 
サイトへ訪れたユーザーを引き留めたい場合は、LPO(Landing Page Optimization/ランディングページ最適化)を行いましょう。

ユーザーが最初に訪れたページのことをランディングページといいます。

このランディングページを改善し、離脱率(ランディングページのみを見てサイトを離れるユーザーの割合)の減少を図る試みがLPOです。
 
 
ブログ一覧へ