Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

成功へ導く戦略的セルフSEOホームページ

ホームページは会社案内ではありません。成長し続ける営業マンです!

ホームページ制作と言うと、いまだに会社案内の制作とイメージされる方が多いようです。制作し、納品することでプロジェクトが完了と言うのは、大きな間違いです。

「ホームページをオープンする」という表現があるように、ホームページの構築は実店舗なのです。

エリアはどうするのか?
エリアの顧客層は?
スタッフィングは?
差別化は?
来店者をどうやって増やすのか?
お客様を満足させるには?


実店舗のプロジェクトにおいて、実店舗がオープンしたら完了ということはありません。

お客様になりそうな人の通りが多いエリアに実店舗を出し、キャンペーンを打ち誘導し、丁寧なサービスで対応し、また来店してもらうように努める。
 
ホームページは開設後の成長こそが最も大切なのです。

そして、その成長に欠かせないのが「トライ&フェイリヤ」という考え方です。

個人事業主ですら競合になるインターネット市場において、その拡大するスピードはきわめて急速かつ、ダイナミックです。過去のデータや、うかつな予測に大きな投資をすると大火傷を負ってしまいます。

マーケティングに時間とコストをかけても、いざホームページ開設をすると、すでにユーザーのニーズも、競合他社とのシェアも変化していて、データが役に立たない。これは、よくある話しです。

常に、インターネットユーザーの動向を計測できる仕組みを作り、結果が出たらスピーディーに改善しする、この繰り返しこそが、ホームページ成功のキーポイントです。
経験よりも結果を重視するリアル・マーケティング

ホームページを成功させる上で、誰もが陥りやすい失敗があります。そして、その失敗は最も気付きにくいために、ホームページ開設後においても、改善の方向性を見失ってしまうという二次災害を引き起こしてしまう危険もあります。

「経験による思いこみ」です。

お客様のことをすべて理解していると勝手に勘違いしてしまうことがあるのです。

インターネットの登場により、主役は企業から消費者に移り変わったのです。過去の経験に対してウカツに投資することよりも、常にリアルなユーザーの声を聞き、ホームページに反映することが、成功する条件です。

どのキャッチコピー(SEOキーワード)が、最も効果が出るのか?
メールマガジンのタイトルは?
購入ボタンの色は?
デザインで使用する写真は?


成功しているホームページは、ユーザーに問いかけ、その結果が反映されているのです。
 
ブログ一覧へ