セルフSEO(インハウスSEO)

セルフSEOで成功していますか?

「セルフSEOとは何か?」をご存知ない方のために簡単にご説明すると、セルフSEOとは“企業が自社サイトのSEO対策を専門業者に任せずに社内でおこなう”ことを言います。

セルフSEOを導入している企業は、「サイト規模」、「ビジネス業態」、「経営者のSEO対策への理解度」などによって、その取組み方法や力の入れ具合は違います。

大規模サイトではSEO専任チームの部署を用意して業務にあたる会社もあれば、中小規模のサイトでは、いくつかの業務と兼任しながら仕事にあたる会社が多いと思います。

インハウスSEOでは、サイトの企画立案、ディレクションという制作段階から入る事もあれば、すでに運用しているサイトに対してSEO最適化や改善業務を進めていくというケースもあります。
●Plan
・ペルソナ設定
・コンテンツ企画
・記事ライター選定(外注、自社など)
・競合調査
・キーワード設計
・UI設計・改善
・サイト内部最適化設計
・外部対策プランニング(ナチュラルリンク獲得)

●Do
・内部対策最適化
・記事校正・リライト
 ・コンテンツ実装
・ソーシャルメディア運用

●Check
・順位動向の調査
・アクセス解析
・コンバージョン分析
・コンテンツ、キーワードの精査

●Action

・上記業務の改善アクション

このように、セルフSEO担当者の業務は「プランニング」、「調査」、「設計」、「解析」など多岐にわたります。そのため、企画力、マーケティング力、分析能力、技術理解、など高い知識とスキルが求められる業務だと言えます。また、実際のSEO対策の運用においては、何より実務経験が重要になってきます。
新たに人材を採用する場合には、SEO会社でのディレクター経験者、企業内でのセルフSEO経験者、SEOに精通したアフィリエイターなどが該当者になると思います。
ひとつは前述したように人材確保の問題です。企業はそこで働く人の“能力”や“やる気”が重要なのは言うまでもありません。セルフSEOも同様で、高い知識・経験・意欲を持った人材が、その会社にいるかどうかがプロジェクトの成否を分けます。

もうひとつは、会社側(経営者)の問題です。担当者の上長となる人が、そもそもSEO対策の業務内容やSEOの本質的なことへの理解が低い場合に、誤った戦術をとってしまったりするケースがよく見られます。

前述のようにセルフSEOを早く成功させるには、高いスキルを持つ実務経験者を担当者に据えることが成功の近道です。しかし、IT系の人材市場においては、本格的にSEOに携わったという実務経験者はさほどいません。
人材獲得競争が激しい現在において中小企業が優秀なSEO担当者を確保することは容易な事ではありません。そうなると、まずは社内で人材を育てていくという観点が求められますが、しかし、「誰が?」、「どのように?」社内教育をしていくのかという難しい問題が待ち受けています。

成功するセルフSEOのためには、業務内容の箇所でご説明したように、それぞれの業務を緻密にPDCAサイクルを回して改善を繰り返していかなくてはなりません。

SEO担当者の多くが別な業務をいくつも抱えたりしてオーバーワーク気味になっている場合があります。そうなると、当然ながらSEO対策は中途半端になり、結果的に“なかなか成果が出ない”という悪循環に陥ります。

  

ブログ一覧へ